フリーターでも今すぐ借りられるキャッシングを探したのでシェアします!!

フリーターでも今すぐ借りられるキャッシングを探したのでシェアします!!

この記事でわかること

・フリーターでも今すぐお金が借りられること
・審査に通らないフリーターについて
・フリーターが審査に通過するコツ
・おすすめのカードローン会社

定職に就かないフリーターは、お金を借りる際にデメリットが多いです。「収入が不安定」や「お金を返してくれるかわからない」など、金融機関からすると信用度が低い人と思われています。

そんなフリーターでも、一定の条件をクリアすると今すぐお金が借りられます!どんな部分に気をつければいいのかなど、詳しく解説します。

フリーターでもカードローンでお金を借りることは可能

アルバイトで暮らすフリーターも、正社員のようにカードローンでお金を借りることは可能です。

ただ、フリーターは雇用の面で安定しているとはいえません。そのため、お金を貸すカードローン側から見ると、正社員より社会的信用はないと判断されるでしょう。

とはいえ、フリーターだって一人暮らしをしたり旅行へ出かけたりと、お金が足りない状況になる事はあります。カードローンでお金を借りる条件は「20歳以上で安定した収入がある人」を対象にしているケースが多いため、アルバイトでも毎月収入があれば問題なくお金を借りられるのです。

フリーターはカードローンでいくらまで借りられる?

消費者金融カードローンは、年収の3分の1までしか借り入れできない総量規制が適用されます。例えば、アルバイトで年収150万円稼いでいるなら、カードローンから50万円まで借りられます。

自由な時間を求めるフリーターは正社員の給料と違いボーナスなどもないため、まとまった額を借りたいケースもあるでしょう。しかし、総量規制により限度額が制限されているため、必ずしも年収の3分の1借りられるとは限りません。

現在の借入額や過去の借入れ状況などによって、年収の3分の1以下になる可能性があります。例えば、すでに他社のカードローンで10万円を借りていた場合、残りの限度額は40万円という事になります。

しかし、限度額までを審査で通過することは現実的にはほとんどなく、一般的なケースを見ると、フリーターがカードローンでお金を借りられる額は最高30万円前後が多いです。

審査に通らないフリーターの特徴

カードローンからお金を借りるのは、フリーターでも問題ありません。ただし、お金を借りる前に審査に通過しなくてはならず、一部のフリーターは断られてしまうケースが多いです。

どういったフリーターが審査に通らないのか、4つの特徴別に解説します。

 

年収が極端に少ない

カードローンの審査は年収をひとつの基準とするため、あまりにも低い年収だとお金が借りられません。もちろん、年収が低いとの理由だけでカードローン審査の判断はしておらず「お金を借りても生活できるのか」が大きな影響を与えます。

例えば、年収100万円未満のフリーターがカードローンを利用しても、家賃や食費など生活費に圧迫されて、返済に回すお金を捻出するのは難しいでしょう。

極端に年収が少ないフリーターは、生活費と返済費のバランスも審査で見られるので、申し込んでも断られてしまう可能性が高いです。

 

勤続年数が短い

フリーターでも安定した収入があればカードローンは利用できますが、勤続年数が半年以下の場合、厳しい審査結果になるでしょう。

カードローンの審査では、雇用形態と一緒に勤続年数も確認します。フリーターは正社員に比べて評価が低くいのですが、勤続年数が長ければ返済能力が高いと判断されるので、大きな問題としません。

勤続年数が短いと生活も安定したばかりで返済能力が低いと見られてしまうため、最低でも1年以上、勤めるのが望ましいです。

 

借入件数・他者借入額(借入残高)が多い

他社からの借入れ件数や借入額が高いと、どんなに勤続年数が高いフリーターでも審査に通過できません。

借入限度額が年収3分の1までの総量規制は、申し込みしたカードローン会社のみではなく、現在借り入れしている会社の総額です。例えば、年収200万円のフリーターがA社とB社から60万円借りている中で、新たにC社へ申し込んでも審査に通過するのは困難です。

また、借入件数が多い多重債務は、返済計画が難しい状況と判断されてしまいます。フリーターがカードローンからお金を借りる時は、現在の借入件数と借入額で総量規制を見る必要があります。

 

過去に長期延滞などの金融事故を起こしている

過去にカードローンを利用して、返済日が遅れてしまうと金融事故として信用情報機関へ記録されます。返済日から2~3日の遅れであれば、金融事故として記録されません。

問題なのは、返済予定日から3ヶ月以上(または61日以上)の長期延滞したケースです。返済日が過ぎると電話が来たり督促状が自宅に届いたり、必ず支払い要求の連絡が来ます。

この連絡にも応じず放置していると信用情報機関へ金融事故として登録され、新たにカードローンを利用する際に審査へ影響するのです。スマホ料金やクレジットカードの延滞も関係しているので、カードローンの審査で落とされてしまう可能性があります。

フリーターがカードローンでお金を借りるコツ

低い年収や審査に通過できるかわからないフリーターだからといって、カードローンでお金を借りられないわけではありません。他社から借入れ中のフリーターでも、ポイントをおさえることで問題なくお金が借りられます。

フリーターがカードローンでお金を借りるコツを、ポイント別に解説します。

 

いちどに複数のカードローン会社に申し込まない

どうしてもお金が必要な状況だからといって、一度に複数のカードローン会社へ申し込むのは止めましょう。申し込み状況は信用情報機関へ記録されるため、各カードローン会社も把握しています。

カードローンの複数申し込みは、どこか1社でお金が借りられるメリットがあります。しかし、一度に複数社に申し込みすると、返済してもらえないのではないかと信用は難しいでしょう。

申し込み件数によって審査に悪影響を与える件数について、カードローン会社では公表していません。1社に申込みをして審査に落ちたら次のカードローンを申し込む。というように、一ヶ月に2件程度が理想的です。

 

申込内容に間違いや虚偽がないように注意

カードローンの申込みで、年収や勤続年数などウソをついてもいずれバレます。中には申込内容を間違ってしまうこともあるでしょう。

間違いやウソの情報は、申込後の審査で信用情報機関や勤め先への連絡で確認し、正確な情報をひとつずつチェックしていきます。内容に誤りがあると、確認作業が通常の倍以上かかってしまい、審査に時間がかかってしまいます。

ウソの情報は申込者本人の信用にも関わってくるので、本当のことを記入しましょう。

 

勤続年数は長い方が有利

勤続年数は長いほど信用度が増すので、フリーターで短期間に転職する人は気をつけなくてはいけません。

どんなに一ヶ月の給与が高いフリーターでも、働いてからまだ1ヶ月しか経過していないと信用できません。カードローン会社は返済時の利息で運営しているので、返済能力があるかしっかり判断します。最低でも半年、できれば1年以上の勤続年数が望ましいです。

  

バイトを掛け持ちしている場合はすべて申告しよう

フリーターの勤め先は1社だけではなく、複数社の人も多いです。バイトを掛け持ちしてカードローンを利用する場合は、現在勤めている情報をすべて申告してください。

年収や勤続年数はカードローンの審査に大きく影響するため、バイトを転職しても掛け持ちで年収が高ければメリットの方が高いといえます。バイトの掛け持ちは毎月絶えなく仕事をしているなら、無職期間を除いた勤続年数で申告できます。

 

借入希望額をなるべく低く設定する

消費者金融などのカードローンは総量規制の対象なので、フリーターでも年収の3分の1までお金が借りられます。しかし、審査は借入希望額にも影響するので、初回は必要最低限の金額に設定しましょう。

カードローンは返済能力の高さが重要視されるため、借入希望額は低いほど有利です。生活に影響を与えないムリのない範囲を希望額にすると、審査が通りやすいです。

 

他社借入が複数件あるなら減らしておく

もし、他社からお金を借りているなら、1~2件に減らしましょう。借入件数や借入額が高いほど、カードローンの審査は不利です。

カードローン会社によって金利や貸付条件が異なります。金利が0.1%違うだけで返済総額が数千円変わってくるケースもあるので、借入れ条件を比較して賢くお金を借りるのがおすすめです。

フリーターがお金を借りるための審査基準

フリーターでもカードローンからお金を借りられますが、審査については正社員に比べ厳しい結果が多いです。一体、審査ではどんな基準でチェックしているのか、詳しく確認しておきましょう。

 

信用情報に問題がないか

カードローンの審査は、フリーターなど勤務形態に関係なく信用情報機関に登録された情報をベースにおこないます。

信用情報機関には過去のカードローン申し込みや借入れ状況、スマホ料金やクレジットカードの利用歴など記録されています。各カードローン会社は、信用情報機関の情報を共通で照会できるため、延滞や自己破産など金融事故をいつどこで起こしたのかわかるのです。

これら過去や現在の金融情報は、過去5年間(自己破産は最大10年間)残り、審査の判断材料として必ず照会されます。

 

スコアリングシステムによる審査

消費者金融などカードローンの審査が最短30分など、昔に比べて時間が早くなったのはコンピューター導入の影響です。

これまで人の手により行われてきた審査が、スコアリングシステム(コンピューター)化されました。カードローンを申し込んだ人の雇用形態や勤続年数、年収など自動的に点数化し、お金を貸しても大丈夫か判断します。

スコアリングシステムでは独自の計算表(スコアリングテーブル)を中心に審査評価をします。例えば、勤続年数10年の正社員は点数が高いため高評価、勤続年数1年のアルバイトは点数が低いため低評価という方法です。

カードローンはスコアリングの評価が高いほど有利ですが、必ずしも点数の高さだけが審査の判断基準になるとは限りません。スコアリングの点数が低いと思われるフリーターでもお金が借りられたのに、点数が高いと思われる正社員は審査に通過できなかったケースもあります。

 

すでに年収の3分の1以上の借り入れが他社でされていないか

消費者金融や銀行カードローンの審査は、貸金業法の法律によって総量規制が定められました。総量規制はカードローン会社1社ではなく、借入れ先すべての総額です。

カードローン会社から、すでに年収の3分の1以上を借入れしていると審査に通過できません。

また、カードローンの総量規制といえば、年収の3分の1ギリギリまでお金が借りられるイメージですが、実際はそれ以下が多いです。とくに、年収が低いフリーターは、お金を返済しながら生活するのが正社員よりも難しく、年収の4分の1程度しか借入れできないケースが多いでしょう。

 

借入希望額の返済比率が年収の30%以内かどうか

総量規制が適用されるのは貸金業者のみなので、銀行カードローンは対象外です。年収の3分の1以上お金が借りられますが、上限がないという意味ではありません。

銀行カードローンの審査は、年収から現在利用している自動車ローンやカードローンなどの割合をチェックします。明確な基準はありませんが、一般的に銀行カードローンの借入額は、年収の30%~40%だと審査結果が厳しいです。

銀行カードローンからお金を借りる際は、現在返済中のローンと新しく申し込むカードローンの返済比率が、年収の30%未満にしましょう。

フリーターがお金を借りるためには在籍確認は必須?

たとえ5万円しかカードローンに申し込みしなくても、アルバイト先に在籍確認の連絡は入ります。フリーターやお金を借りる額に関係なく、カードローンは信用がもっとも重要ポイントとなるため、勤め先で働いているか確認するのは当然の話です。

カードローンの在籍確認は、社名ではなく個人名を名乗りおこなうのが一般的です。とはいえ、家族でもない相手から会社へ私用電話は不自然に思われることから、カードローンの利用を考えてしまう人も多いでしょう。

フリーターがお金を借りるために避けては通られない在籍確認ですが、電話以外の方法で対応してもらえるケースもあります。

 

書類提出で電話での在籍確認を免除してもらえる可能性もある

消費者金融のカードローンの一部では、電話ではなく書類による在籍確認に対応しています。各カードローン会社によって提出書類は異なりますが、一般的に次のような条件が多いです。

・指定口座を保有している人
・社会健康保険証(共済組合証)
・収入証明書(給与明細書や源泉徴収票など)

必要書類を携帯電話のカメラ機能で撮影後、公式アプリ経由や指定メールアドレスへ送信して書類による在籍確認をおこないます。

フリーターの場合、借入れ額の低い少額融資が多いため、書類による在籍確認が増えています。

フリーターでもお金を借りれるおすすめカードローン会社

フリーターが今すぐお金を借りたい、電話による在籍確認をされたくないなら、「アコム・プロミス・SMBCモビット」の3社がおすすめです。自宅から一歩も出ることなくWEB完結でき、審査時間が最短30分と今すぐお金が借りられます。

各社の金利や限度額など、詳しく解説します。

 

アコム

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円まで
即時融資 ◯※最短1時間
無利息期間 最大30日間

日雇い派遣やアルバイトのフリーターでも、アコムは申し込み可能です。ネットやATMを利用すると24時間いつでも借入れや返済ができます。利息は利用日数分で計算されるので、お金に余裕のないフリーターに大助かり!無利息期間内なら何度でも適用されるので、利息が気になる人におすすめです。

 

プロミス

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 500万円まで
即時融資 ◯※24時間、最短1分
無利息期間 最大30日間

プロミスの瞬フリ(振込キャッシング)の登録完了と24時間振込可能な金融機関の口座を持っていると、最短10秒で振込してもらえます。土日祝日関係なく、インターネット上で申し込みできるので、急にお金が必要な時も便利です。初めての利用なら最大30日間無利息です。

 

SMBCモビット

実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円まで
即時融資 ◯※24時間、最短3分振込
無利息期間 なし

SMBCモビットは「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行」のいずれかの口座、社会保険証(または組合保険証)を持っていれば、電話による本人確認や自宅への郵送物なしでお金が借りられます。専用サイトやアプリを経由して確認するため、お金を借りる際もカードレス!WEB完結で今すぐお金が借りられます。

まとめ:フリーターでもお金借りる方法はある!

フリーターは社会的信用度が低く、カードローンの審査は通りにくいといわれています。カードローンは年収や勤続年数などを点数化するため、極端に年収や勤続年数が低くないか注意しましょう。

年収が低いフリーターは、少額融資に強い消費者金融がおすすめです。返済総額をおさえられる無利息期間やWEB完結など、今すぐお金が必要なときに便利です。